産後のバストのしぼみは養育の勲章?

仕事場の精鋭は元々おっぱいに確信があったそうです。
そんな中、おめでた分娩によるいわゆるおっぱい黄金期到達!
一層おっぱいアップした姿に自分でも惚れ惚れしたとのこと。

だが授乳期を立ち去るといった、あれよあれよという間におっぱいはしぼみ、元々の体格よりも落ち込み。
もう誰かというエステにも行けないという、涙が出そうだと話していました。

そこから精鋭は腕立て伏せや乳房の前部で両手を結び付けるなど、乳房の筋肉に警鐘!
児童を重りがわりに筋トレ!
頑張ってました。

でも元のようにおっぱいupはできなかったようです。

お爺さんの精鋭方はその話を聞いて、微笑みながら言います。「養育の勲章じゃないの!」って。
恥ずかしがらずに胸を張れという。

も、依然として初々しい精鋭は肩を落としたとおりでした。

皆さんはどうして思いますか?
おめでたに分娩、そして授乳でしぼんでしまったり垂れてしまった乳房は勲章だと思えますか?

その精鋭は、元来数日後に難儀を克服します。
それはダディーの「でも養育頑張ったくんは素敵だ」という一言で。
なんて素敵なダディー!

こんなダディーを見つけようと誓った自分でした。
も、予めこじんまりしたおっぱいの自分にはおめでたも分娩も授乳もおっぱいには大した事例魅了を加えなかったんですけどね。シミ取りクリームは、どれがいい?